産経ニュース

【埼玉失踪少女保護】専門家「ペットを飼うような感覚で女子生徒と暮らしていたのでは」 社会と接点を持ちつつ監禁という“二重生活”の容疑者 

ニュース 事件

記事詳細

更新

【埼玉失踪少女保護】
専門家「ペットを飼うような感覚で女子生徒と暮らしていたのでは」 社会と接点を持ちつつ監禁という“二重生活”の容疑者 

寺内樺風容疑者がかつて住んでいた千葉市内のマンションの玄関ドア=28日 寺内樺風容疑者がかつて住んでいた千葉市内のマンションの玄関ドア=28日

 埼玉県朝霞市の女子生徒(15)が約2年ぶりに保護された事件で、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)=未成年者誘拐容疑で逮捕状=は、女子生徒を自宅に残したまま、大学の授業に出席し就職活動も行っていた。社会との接点を保ちつつ女子生徒を監禁状態に置くという“二重生活”を送っていた。同種の事件では社会と隔絶した男の犯行が多く、特異性が際立っている。専門家は「ペットを飼うような感覚で女子生徒と暮らしていたのではないか」と指摘する。

 女子生徒を連れ去ったとみられるのは平成26年3月で千葉大工学部2年のときだった。3、4年次には履修科目が少なかったが、週1、2回のペースで大学に通っていたとみられる。大学側は「ごく普通の学生。無断で欠席するようなこともなかった」と話す。

 寺内容疑者は東京都内の消防設備会社に内定しており、今年2月まで住んでいた千葉市から都内に就職活動に出かけていたとみられる。4月から就職予定だった会社に近い東京都中野区のマンションには2月に女子生徒とともに転居。近くのスーパーなどでは女性用品や複数の弁当を購入する寺内容疑者らしき男が見かけられていた。

「ニュース」のランキング