産経ニュース

ベネッセ流出、元SE実刑 大量の顧客情報被害

ニュース 事件

記事詳細

更新


ベネッセ流出、元SE実刑 大量の顧客情報被害

 ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件で、不正競争防止法違反(営業秘密の複製、開示)の罪に問われた元システムエンジニア(SE)、松崎正臣被告(41)に東京地裁立川支部は29日、「極めて大量の顧客情報を得て、開示した悪質な犯行だ」として懲役3年6月、罰金300万円(求刑懲役5年、罰金300万円)の実刑判決を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

 ベネッセホールディングスは約2895万件の顧客情報が流出したと推計。前例のない大規模な情報流出事件は、企業の情報管理に大きな影響を与えた。

 弁護側は顧客情報が法の保護対象の「営業秘密」に当たらず無罪だと主張したが、大善文男裁判長は、情報へのアクセスを一部の従業員に制限するなど必要な情報管理がされていたと認定し「情報は営業秘密に当たり、被告も秘密だと認識できた」と判断。「利益をボートレースなどに使っており、身勝手で短絡的だ」と非難した。

「ニュース」のランキング