産経ニュース

米アラスカで火山噴火 最大レベルの警戒 火山灰、1万1千メートルに到達

ニュース 事件

記事詳細

更新


米アラスカで火山噴火 最大レベルの警戒 火山灰、1万1千メートルに到達

噴火して火山灰を噴き上げる米アラスカ州のパブロフ山(AP) 噴火して火山灰を噴き上げる米アラスカ州のパブロフ山(AP)

 米メディアによると、アラスカ州南部のパブロフ山(標高2518メートル)が27日に噴火し、火山灰が28日までに約1万1千メートルの上空に達した。米地質調査所(USGS)は航空機向けと一般向けに、ともに最大レベルの警戒を呼び掛けた。

 アラスカ航空は28日までに20便をキャンセルし、約1300人に影響が出た。アンカレジやフェアバンクスへの便は運航しているが、今後影響が出る可能性もあるという。現場付近は時速約80キロの強風が吹いており、北東約640キロメートルの範囲まで火山灰が広がっているという。(共同)

「ニュース」のランキング