産経ニュース

被差別部落本出版差し止め 横浜地裁が仮処分決定

ニュース 事件

記事詳細

更新


被差別部落本出版差し止め 横浜地裁が仮処分決定

 全国の被差別部落の所在地などを掲載した書籍の出版や販売の禁止を求める仮処分を部落解放同盟などが申し立て、横浜地裁(有賀直樹裁判官)は28日、川崎市の出版社「示現舎」に出版と販売の禁止を命じる決定を出した。

 解放同盟側の代理人弁護士によると、書籍には所在地のほか、住民の職業などが掲載され、4月1日の出版予定だった。解放同盟関係者が示現舎のホームページで出版予告を見つけ、22日に仮処分を申し立て「差別を助長する」と主張していた。

 示現舎側は取材に対し「4月1日の出版はもともと不可能だった」とし、異議を申し立てるかどうかを明らかにしなかった。

 弁護士によると、書籍は「全国部落調査」。昭和50(1975)年に売買が発覚し法務省が回収を勧告した出版物の原典といわれる書籍という。弁護士は「出版日という期限があったが、申し立てから1週間足らずという短い期間で仮処分決定が出るのは珍しい」としている。

「ニュース」のランキング