産経ニュース

【埼玉失踪少女保護】失踪から2年間 監禁で逃げられぬ恐怖 過去の同種の事件では“洗脳”“厳重監禁”

ニュース 事件

記事詳細

更新

【埼玉失踪少女保護】
失踪から2年間 監禁で逃げられぬ恐怖 過去の同種の事件では“洗脳”“厳重監禁”

寺内樺風容疑者が大学在学中に住んでいたアパート。奥には千葉大キャンパスが見える=28日、千葉市稲毛区(撮影・戸加里真司) 寺内樺風容疑者が大学在学中に住んでいたアパート。奥には千葉大キャンパスが見える=28日、千葉市稲毛区(撮影・戸加里真司)

 平成26年3月に行方不明になった埼玉県朝霞市の中学3年の女子生徒(15)が東京都中野区内で27日に保護された事件で、女子生徒はこれまで、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)に「連れられて外出することがあった」と話しているが、逃げ出すことはできなかった。逃走できなかった詳細な理由は分かっていないが、過去の監禁事件では、暴力や恐怖で支配下に置かれたり、首輪などで身体的に拘束されていたケースがあった。

 新潟県柏崎市で平成12年1月、女性=当時(19)=が救助された監禁事件では、9年2カ月もの間、監禁されて逃げ出せなかったことが注目された。

 女性は小4だった2年11月、男の車に押し込まれ、男の自宅2階の和室に監禁された。脱出しようとしたが、殴られたりナイフで脅されたりしたため、「(逃げても)連れ戻される」との恐怖心から逃げ出すことができなかったとされる。

このニュースの写真

  • 失踪から2年間 監禁で逃げられぬ恐怖 過去の同種の事件では“洗脳”“厳重監禁”
  • 失踪から2年間 監禁で逃げられぬ恐怖 過去の同種の事件では“洗脳”“厳重監禁”
  • 失踪から2年間 監禁で逃げられぬ恐怖 過去の同種の事件では“洗脳”“厳重監禁”

「ニュース」のランキング