産経ニュース

暴行ビデオ引き渡し命令 不起訴分、経営者賠償も

ニュース 事件

記事詳細

更新


暴行ビデオ引き渡し命令 不起訴分、経営者賠償も

 宮崎市のオイルマッサージ店で暴行されたとして、女性客が経営者に賠償と当時の様子を撮影したビデオの原本の引き渡しを求めた訴訟の判決で、宮崎地裁(百瀬梓裁判官)は28日、100万円の支払いと原本の引き渡しを命じた。

 経営者は、この女性とは別の女性客5人への強姦などの罪に問われた土屋和朗被告(46)=宮崎市。昨年12月に懲役11年の一審判決を受け、控訴した。提訴した女性は告訴していたが、宮崎地検が平成26年、不起訴とした。

 土屋被告は「合意があったのに虚偽の告訴をした」として女性に賠償を求めて提訴し、女性が反訴した。刑事裁判で被害を認定された女性らのビデオは地裁が既に没収している。

 判決で百瀬裁判官は「恐怖で抵抗できず、怒らせないように振る舞ったにすぎず、同意があったと言えない。ビデオ撮影も承諾しておらず、経営者は消去を求められたのに所持し続け、人格的利益を侵害している」と判断した。

「ニュース」のランキング