産経ニュース

大森死刑囚が即時抗告へ 札幌地裁の再審請求棄却 北海道庁爆破事件

ニュース 事件

記事詳細

更新


大森死刑囚が即時抗告へ 札幌地裁の再審請求棄却 北海道庁爆破事件

 昭和51年に2人が死亡、95人が重軽傷を負った「北海道庁爆破事件」で札幌地裁は28日、殺人罪などで死刑が確定した大森勝久死刑囚(66)の第2次再審請求を棄却した。

 弁護団は同日、決定内容を不服として札幌高裁に即時抗告する方針を明らかにし、札幌市内で会見した主任弁護人の浅野元広弁護士は「(有罪の根拠になった)証拠に対する疑惑は何ら解消されていない」などと述べた。

 弁護側は「新証拠」として、死刑囚が暮らしていた部屋のカーテンなどから検出された爆薬成分を道警が鑑定した経過を再現したDVDを提出。「鑑定結果を得るなら道警の説明では時間が足りない。鑑定は実際には行われていなかった」と訴えた。

 決定理由で田尻克已裁判長は「鑑定に必要な時間は必ずしも明確になっていない。弁護人の主張よりも短時間で終わった可能性がある」として鑑定結果に疑いは生じさせないと述べた。

「ニュース」のランキング