産経ニュース

遺産金を着服、弁護士起訴 名古屋地検

ニュース 事件

記事詳細

更新


遺産金を着服、弁護士起訴 名古屋地検

 名古屋地検は28日、依頼人の遺産金約430万円を着服したとして、業務上横領の罪で愛知県春日井市の弁護士、説田正幸容疑者(39)を起訴した。

 起訴状によると平成27年1月、相続手続きを請け負っていた名古屋市港区の男性(83)=26年7月に死亡=から預かり、説田被告名義の口座に保管していた親族への遺産約1千万円のうち約430万円を別の口座に移し横領したとしている。

 愛知県警港署によると、説田被告は逮捕当時認否を留保し、その後容疑を認めた。

「ニュース」のランキング