産経ニュース

商工ローンSFCG元会長に全面無罪 1審一部有罪判決覆る 「元部下の証言信用できない」と東京高裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


商工ローンSFCG元会長に全面無罪 1審一部有罪判決覆る 「元部下の証言信用できない」と東京高裁

 商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド)の経営破綻をめぐる事件で、民事再生法違反罪などに問われ、1審東京地裁で一部有罪となった元会長、大島健伸被告(68)の控訴審判決が28日、東京高裁であった。朝山芳史裁判長は「1審が有罪の根拠とした元部下らの証言は不合理だ」として、全面無罪を言い渡した。

 大島元会長は、民事再生手続きによる資産凍結を免れるため、資産約418億円を同社破綻前に関連会社に譲渡したように装ったとして、民事再生法違反(詐欺再生)と会社法違反、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の罪に問われた。

 平成26年4月の1審東京地裁判決は「譲渡された資産はSFCGに対する実在の債権と相殺されており、資産を債権者の不利益に処分する行為には当たらない」と、民事再生法違反罪と会社法違反罪については無罪と判断。一方、資産譲渡日を仮装したとする電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪については「大島元会長の指示だった」と認定し、懲役1年6月、執行猶予3年とした。大島元会長はこれを不服として控訴していた。

「ニュース」のランキング