産経ニュース

【欧州震撼】欧州テロの裏にIS「本拠地」での劣勢 ナンバー2殺害、世界遺産地域奪還…サッカー場でも自爆テロ

ニュース 事件

記事詳細

更新

【欧州震撼】
欧州テロの裏にIS「本拠地」での劣勢 ナンバー2殺害、世界遺産地域奪還…サッカー場でも自爆テロ

 ISは「国家建設」を宣言した2014年夏以降、領土拡張という具体的な戦果を強調することで戦闘員を徴募。残虐な処刑映像を公開するなどの手法も、ジハード遂行を誇示して世界の耳目を集め、支持者を引きつける目的からだ。

 ISにとり、軍事面での劣勢は、求心力の低下につながりかねない事態だ。そんな中、欧米やシーア派など「敵」社会へのテロは、領土拡張に直接は結びつかずとも、ジハードの成果だと強弁する材料にはなる。

 イラク中部イスカンダリヤでは25日、サッカーの試合中に起きた自爆テロで観客ら少なくとも29人が死亡し、ISが犯行声明を出した。同国では今年に入り、ISによる自爆テロが相次いでいるが、それらはISがなおも高い作戦遂行能力を保持していることを示す半面、ISの焦りを反映しているともいえる。

「ニュース」のランキング