産経ニュース

千葉県職員が同僚約2万人の個人情報に不正アクセス その理由とは!

ニュース 事件

記事詳細

更新


千葉県職員が同僚約2万人の個人情報に不正アクセス その理由とは!

 千葉県は25日、県の人事管理システムに不正アクセスし、同僚の県職員約2万人の個人情報を閲覧や保存したとして、県土整備部に所属する副主幹級の男性職員(48)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 県によると、男性職員は「昇進のペースを分析したかった。自分がどれぐらいの位置にいるのか知りたかった。年に数回アクセスした」などと話しており、職場のパソコンからは分析結果とみられる資料も見つかった。県は個人情報が外部に漏洩した形跡はないとしている。

 男性職員は平成24年度まで総務部に所属し、人事管理システムの開発などに携わっていた。25年度からは県土整備部に異動したが、その後も昨年10月ごろまで、職場のパソコンから総務部時代に使用していた管理者用パスワードを使って同システムに複数回にわたってアクセスし、県職員約2万人の個人情報を閲覧・保存していたという。

「ニュース」のランキング