産経ニュース

産婦人科に女児の遺体持参 20代女性「トイレで出産した」 茨城・笠間

ニュース 事件

記事詳細

更新


産婦人科に女児の遺体持参 20代女性「トイレで出産した」 茨城・笠間

 24日午前10時50分ごろ、茨城県笠間市の産婦人科から「死亡した女児を連れてきた女性がいる」という内容の110番通報があった。

 県警笠間署によると、女性は無職の20代。生後間もない女児をバスタオルに包んで来院し、医師がその場で死亡を確認した。女児はへその緒がついたままで身長約53センチ、体重約3300グラム。

 同署によると、女性は調べに対し「24日午前10時ごろに自宅トイレで出産した。産声が聞こえなかったので病院に連れてきた」と話しているという。

 同署では25日に女児を司法解剖して死因を特定するとともに、現在、女性から詳しい事情を聴いており、事件と事故の両面から調べている。

「ニュース」のランキング