産経ニュース

児童相談所が保護見送り 両親から虐待を受けていた男子中学生が自殺 神奈川・相模原

ニュース 事件

記事詳細

更新


児童相談所が保護見送り 両親から虐待を受けていた男子中学生が自殺 神奈川・相模原

 保護を求めた男子生徒の自殺に関し記者会見する相模原市児童相談所の職員=22日午前、相模原市役所  保護を求めた男子生徒の自殺に関し記者会見する相模原市児童相談所の職員=22日午前、相模原市役所

 26年10月上旬に両親が児相による一時保護の方針をかたくなに拒んだため、男子生徒の通所を停止。その後、男子生徒が進学した中学校は児相に「保護を求めている」と通報したが、児相は「親子の関係が改善してきている」と判断し、保護を見送った。男子生徒は同年11月に親類宅で自殺を図ったという。男子生徒は意識不明が続いていたが、今年2月に死亡した。

 児相の鳥谷明所長は「親子の状態は少なくとも良い方向に向かっていたと思われ、職権を使う急迫した状態にはなかったと考えている」と話している。

「ニュース」のランキング