産経ニュース

中国漁船撃沈「日本も物理的にはできる」 元海上保安官の一色氏激白

ニュース 事件

記事詳細

更新


中国漁船撃沈「日本も物理的にはできる」 元海上保安官の一色氏激白

撃沈された中国漁船のビデオ映像=14日(アルゼンチン当局提供・ロイター) 撃沈された中国漁船のビデオ映像=14日(アルゼンチン当局提供・ロイター)

 アルゼンチンの沿岸警備隊が、南太平洋側の排他的経済水域(EEZ)内で違法操業をしていた中国の大型漁船を撃沈した。中国漁船の違法操業は世界中で問題となっており、日本のEEZでも魚類やサンゴの密漁が報告されている。日本の海上保安庁も断固対応できないのか。元海上保安官の一色正春氏に聞いた。(夕刊フジ

 沿岸警備隊が所属するアルゼンチン海軍の発表によると、中国漁船の違法操業が発見されたのは14日。沿岸警備隊は停船を求めたが、漁船は灯火を消し、わざと沿岸警備隊の船に衝突しようとしたほか、逃走を図ろうとしたため、沿岸警備隊が発砲したとしている。

 この様子の一部は、動画サイト「ユーチューブ」でも見られる。

 漁船は被弾した穴から海水が入り沈没。乗員約30人のうち船長を含む4、5人が沿岸警備隊の船に救助され、身柄を拘束された。残りも近くの船舶などに救助された。アルゼンチン海軍が外国船籍の船艇を沈めたのは15年ぶりという。

このニュースの写真

  • 中国漁船撃沈「日本も物理的にはできる」 元海上保安官の一色氏激白

「ニュース」のランキング