産経ニュース

対アップル、特許訴訟は島野が敗訴 東京地裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


対アップル、特許訴訟は島野が敗訴 東京地裁

 米デジタル家電大手「アップル」の製品に特許権を侵害されたとして、部品下請け「島野製作所」(東京都荒川区)がアップルに販売差し止めや約10億5千万の損倍賠償を求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であった。長谷川浩二裁判長は島野側の請求を棄却した。判決理由は関係者の意向で明らかにされていない。

 関係者によると、島野はアップルの下請けとして約10年前からパソコンの電源コネクターに使用される部品を納入してきたが、平成24年ごろ、アップルは島野と取引を急減させ、島野の下請けだった海外企業に製造を委託。島野は、アップルがこの企業に製造させた部品が島野の特許を侵害していると主張していた。

 島野は「弁護士と協議する」、一方のアップルは「ノーコメント」とした。

 両社をめぐっては、この特許訴訟とは別に、島野がアップルを相手取り、「突然の取引急減や不当なリベートを求められた」などとして約100億円の損害賠償を求めて東京地裁に起こした訴訟がある。後者の訴訟でアップルは「島野との間には『紛争は米カリフォルニア州の裁判所で解決する』との合意があり、東京地裁への提訴は無効だ」と主張したが、東京地裁は今年2月、アップル側の主張を認めず、東京地裁で審理を行うとする中間判決を出している。

「ニュース」のランキング