産経ニュース

資産家夫婦殺害、2審も死刑 東京地裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


資産家夫婦殺害、2審も死刑 東京地裁

 スイス在住の資産家、霜見誠さん=当時(51)=夫妻を殺害したとして、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた知人の元会社役員、渡辺剛被告(46)=1審東京地裁で死刑判決=の控訴審判決公判が16日、東京高裁で開かれた。被告側は「殺害していない」と主張したが、藤井敏明裁判長は「犯人は渡辺被告で、極めて計画性の高い強盗殺人事件だ」と認定。1審判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 判決によると、渡辺被告は霜見さんと妻、美重さん=同(48)=の首をロープで絞めて殺害し、財布など計8点(29万円相当)を奪って、埼玉県内に遺体を埋めた。また、元部下の男=詐欺未遂罪で有罪確定=と共謀し、霜見さんのクレジットカードで新幹線回数券(約381万円相当)を購入しようとした。

「ニュース」のランキング