産経ニュース

【埼玉3歳女児死亡】暴行罪で起訴の母、勾留停止 出産で入院へ さいたま地検

ニュース 事件

記事詳細

更新

【埼玉3歳女児死亡】
暴行罪で起訴の母、勾留停止 出産で入院へ さいたま地検

 埼玉県狭山市で顔にやけどを負った3歳女児が死亡した事件で、さいたま地検は15日、暴行と逮捕の罪で起訴した母親の藤本彩香被告(22)=狭山市新狭山=の勾留執行停止をさいたま地裁に申し立て、認められたと明らかにした。出産のため入院が必要という。停止期間は22日まで。

 藤本被告は1月、やけどした次女の羽月ちゃんを病院に連れて行かず放置したとする保護責任者遺棄容疑で、同居の工員、大河原優樹被告(24)=同罪で起訴=とともに県警に逮捕された。

 起訴状によると、2人は共謀し、自宅で昨年9~11月、羽月ちゃんの口に布を押し込む暴行を加えたなどとしている。

「ニュース」のランキング