産経ニュース

【山口組分裂「抗争」】「拳銃の取引価格が急上昇」と暴力団関係者 抗争備え需要増

ニュース 事件

記事詳細

更新

【山口組分裂「抗争」】
「拳銃の取引価格が急上昇」と暴力団関係者 抗争備え需要増

事始め式を終え、名古屋市の本家に戻る山口組の篠田建市組長=13日、JR新神戸駅 事始め式を終え、名古屋市の本家に戻る山口組の篠田建市組長=13日、JR新神戸駅

 国内最大の指定暴力団山口組(神戸市)が分裂し、離脱グループが結成した神戸山口組(兵庫県淡路市)との間で発砲事件などが相次ぐ中、拳銃の密売価格が高騰していることが14日、複数の暴力団関係者の話で分かった。両団体が本格的な抗争に備えるため拳銃の需要が高まり、密売価格が高騰しているとみられる。警察庁が両団体について暴力団同士の抗争状態にあると認定してから同日で1週間。警察庁は「摘発強化で市民の安全確保を徹底する」と警戒を強めている。

 「昨夏の分裂前、拳銃は20万~30万円だった。しかし、分裂以降は70万~80万円が相場。実弾は1発1万円で取引されている」。暴力団関係者は水面下で行われている最近の拳銃の取引状況を説明する。

 別の暴力団関係者は「弾を多めに付けて3桁(100万円)で売れることもある」と打ち明ける。警察庁幹部は「拳銃の価格が値上がりしているとの情報は把握しており、懸念している」との認識を示す。

「ニュース」のランキング