産経ニュース

「執行の前に話して」オウム事件遺族ら死刑議論 地下鉄サリン21年で集い

ニュース 事件

記事詳細

更新


「執行の前に話して」オウム事件遺族ら死刑議論 地下鉄サリン21年で集い

 オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で21年となるのを前に、被害者の会などが13日、東京都内で「死刑」をテーマに集会を開き、約200人が参加した。

 地下鉄事件では松本智津夫死刑囚(61)=教祖名麻原彰晃=ら10人の死刑が確定。被害者の会代表世話人の高橋シズヱさん(69)は「今だから言えることがあるのでないか。刑執行の前に話してもらいたい」と訴えた。

 集会では、被害者や遺族に高橋さんがインタビューした映像を上映。その後の討論で、ジャーナリストの江川紹子さんは「全解明を裁判に求めるのは違う。問題は、確定すると死刑囚に会えなくなり、情報発信されなくなることだ」と話した。

 高橋さんは17日、教団の死刑囚の刑執行に関する情報提供や立ち会いを求める要望書を法相宛てに提出する。

 教団による一連の事件では、松本死刑囚らを含む13人の死刑が確定している。

「ニュース」のランキング