産経ニュース

エクアドルの邦人新婚夫婦殺傷、被告の控訴を棄却

ニュース 事件

記事詳細

更新


エクアドルの邦人新婚夫婦殺傷、被告の控訴を棄却

 南米エクアドルの最大都市グアヤキルで2013年末、新婚旅行中の日本人夫婦が銃撃され、死傷した事件で、エクアドルの裁判所は11日までに、夫を殺害したとして強盗殺人の罪に問われ、昨年禁錮35年の判決を受けたカルロス・カンポサノ被告の控訴を棄却した。検察当局が明らかにした。

 在エクアドル日本大使館によると、被告側は、判決に不服があれば刑の無効を求める裁判を起こすことが可能という。

 事件は13年12月28日夜に発生。埼玉県出身の人見哲生さん=当時(30)=と金沢市出身の妻がホテル前でタクシーに乗ったところ、後から乗ってきたカンポサノ被告らに襲われて人見さんが死亡、妻が重傷を負った。

 一審の裁判所は昨年11月、カンポサノ被告の有罪を認定、12月に禁錮35年を言い渡し、同被告は控訴していた。(共同)

「ニュース」のランキング