産経ニュース

【テクノロジー最前線】進化する犯罪防止技術 情報窃盗、ドローン盗撮、万引はこうして封じる

ニュース 事件

記事詳細

更新

【テクノロジー最前線】
進化する犯罪防止技術 情報窃盗、ドローン盗撮、万引はこうして封じる

電球と交換するだけで工事の要らないスペックコンピュータの「電球型ライブカメラ」=10日、東京ビッグサイト(原田成樹撮影) 電球と交換するだけで工事の要らないスペックコンピュータの「電球型ライブカメラ」=10日、東京ビッグサイト(原田成樹撮影)

万引常習者が来店すると通知

 コンビニエンスストアやスーパーなどにとって万引は悩みの種だ。ショーでは、顔認証技術を使い、カメラで撮影した映像からあらかじめ登録された要注意人物を発見すると、こっそり店舗責任者などに通知するシステムも展示されていた。同システムの場合は個人情報の取り扱いに最大限の配慮が必要だが、そのほか動作から不審人物と判定して通知するシステムも提案されていた。

 画像認識などの人工知能(AI)は使用者の利便性を高めるが、顧客として通常の行動をしていて、AIに「不審者」や「犯罪者」と認定されるのは、あまり面白いものではない。個人経営のコンビニでは特に万引被害が経営を圧迫するのは確かで深刻な問題だが、商品を吟味中に、通知を受けた従業員が万引を警戒してくるといった不快な店舗では逆に客足も途絶える。うまい運用が求められそうだ。

このニュースの写真

  • 進化する犯罪防止技術 情報窃盗、ドローン盗撮、万引はこうして封じる
  • 進化する犯罪防止技術 情報窃盗、ドローン盗撮、万引はこうして封じる
  • 進化する犯罪防止技術 情報窃盗、ドローン盗撮、万引はこうして封じる

「ニュース」のランキング