産経ニュース

【東日本大震災5年】震災追悼式の首相式辞「衷心より哀悼の意をささげます」「前を向いて歩んでいくことを誓います」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東日本大震災5年】
震災追悼式の首相式辞「衷心より哀悼の意をささげます」「前を向いて歩んでいくことを誓います」

 本日ここに、天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、「東日本大震災 五周年追悼式」を挙行するに当たり、政府を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。

 かけがえのない多くの命が失われ、そして、多くの方の人生を一変させた、東日本大震災の発生から、早くも5年が過ぎました。

 最愛のご家族やご親族、ご友人を亡くされた方々のお気持ちを思うと、いまなお哀惜の念に堪えません。ここに改めて、衷心より哀悼の意をささげます。また、被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。

 被災地では、いまだに、多くの方々が不自由な生活を送られています。原発事故のために、住み慣れた土地に戻れない方々も数多くおられます。被災地に足を運ぶ度、「まだ災害は続いている」、そのことを実感いたします。その中で、一歩ずつではありますが、復興は確実に前進しています。住まいとともに、生業の再生も本格化しています。

 被災者の方々お一人お一人が置かれた状況に寄り添いながら、今後とも、心と身体のケアや新たな地域社会の形成、被災地の産業の振興への支援などに力を注ぎ、魅力ある地方の創生につながるような復興を実現していく所存です。

「ニュース」のランキング