産経ニュース

【三鷹ストーカー殺人事件】「リベンジポルノは凶悪な情報犯罪」娘奪われた父「極刑を」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【三鷹ストーカー殺人事件】
「リベンジポルノは凶悪な情報犯罪」娘奪われた父「極刑を」

 東京・三鷹のストーカー事件で、殺人罪などに問われた池永チャールストーマス被告(23)の裁判員裁判が8日、東京地裁立川支部(菊池則明裁判長)であり、刺殺された高3女子生徒の父親の証人尋問が行われた。父親は事件前後の画像流出も含め「殺人事件であり、凶悪な情報犯罪でもある。1人の女性と家族を苦しめ、それが終わることはない」と訴え、極刑を求めた。

 検察側によると、生徒の元交際相手の池永被告は殺人事件前後に生徒の画像をインターネットに流出させるリベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)行為をした。

 父親は、流出が明らかになった際の心境を「娘は日本で通常に暮らすことはできないのではと思った」と証言。平成25年の事件発生から約2年半。父親は今の生活を検察側から問われ「娘が欠けたことで、私たち夫婦の未来も消し飛んだ感じがする」と心境を口にした。尋問は、被告や傍聴席から父親の姿が見えないよう、ついたてが設置されて行われた。

「ニュース」のランキング