産経ニュース

【東日本大震災5年】長野・栄村 翌朝、震度6強

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東日本大震災5年】
長野・栄村 翌朝、震度6強

村の一部では崩壊した家屋が無残な姿をさらしていた=平成23年5月18日、長野県栄村(芹沢伸生撮影) 村の一部では崩壊した家屋が無残な姿をさらしていた=平成23年5月18日、長野県栄村(芹沢伸生撮影)

 東日本大震災翌日の平成23年3月12日早朝に最大震度6強の地震に見舞われた長野県栄村。住宅の被害は全半壊200棟を超え、道路や橋なども大きく破損した。

 震災による直接の犠牲者はいなかったが、同年、避難生活の中、過労やストレスで亡くなったと判断された70代の女性2人と90代の男性1人が「災害関連死」と認定された。

 村は現在、復興交付金などの支援でほぼ復旧し、復旧・復興の完了時期を30年度と見込んでいるという。

「ニュース」のランキング