産経ニュース

全焼民家から石製天板 消防隊員、無断で持ち帰る

ニュース 事件

記事詳細

更新


全焼民家から石製天板 消防隊員、無断で持ち帰る

 千葉県の夷隅(いすみ)郡市消防本部は1日、大原消防署の男性隊員が平成27年12月、全焼したいすみ市の民家から石製のテーブルの天板を無断で自宅に持ち帰っていたと発表した。消防本部に「何かに使えそうだと思った」と話しているという。

 消防本部は「厳正に対処する」と処分を検討。1日、県警いすみ署に届け出た。同署は窃盗容疑で調べている。

 消防本部によると、同年10月にいすみ市大原の2階建て民家が全焼。外壁などのトタンが剥がれそうだったため、同12月11日、他の隊員らと補修作業をした。

 男性隊員はいったん消防署に戻ったが同日、勤務中に再び上司や同僚ら計4人で消防車に乗り民家に向かった。男性隊員は同僚の協力を得て、2階にあった直径約90センチ、厚さ数センチのテーブルの天板を持ち出した。

 男性隊員は民家に再度向かう際、上司には物を持ち出す意図を伝えていたが、他の同僚は知らないままだった。

「ニュース」のランキング