産経ニュース

「うさぎ用ケージ閉じ込め」次男監禁死 猿ぐつわ・食事は数日に1度・死体は荒川に…公判で父母が起訴内容一部否認

ニュース 社会

記事詳細

更新


「うさぎ用ケージ閉じ込め」次男監禁死 猿ぐつわ・食事は数日に1度・死体は荒川に…公判で父母が起訴内容一部否認

 タオルで猿ぐつわをした次男=当時(3)=をうさぎ用ケージに閉じ込めて死亡させた上、遺体を遺棄したとして、監禁致死と死体遺棄の罪に問われた父親の皆川忍被告(31)=傷害罪などで服役中=と、母親の朋美被告(29)=詐欺罪などで有罪確定=の裁判員裁判初公判が25日、東京地裁(稗田雅洋裁判長)で開かれた。両被告は死体遺棄罪を認めたが、「死因は不明」などとし監禁致死罪は否認した。

 検察側の冒頭陳述によると、両被告は共謀し、平成24年12月から25年3月、東京都足立区の自宅で、次男の玲空斗(りくと)ちゃんをうさぎ用ケージに閉じ込めた上、声を出させなくするためタオルで猿ぐつわをして窒息死させた。さらに死亡した玲空斗ちゃんを段ボールに入れ、荒川などに遺棄したとしている。玲空斗ちゃんの遺体は見つかっていない。

 忍被告側は「忍被告は子供好きな父親だった。家中を散らかす玲空斗ちゃんから家庭の平穏を守るためにやむなくした行為であり、死亡するとは思っていなかった」と主張。朋美被告側も「夫が猿ぐつわをしたのは知らなかった」とし、監禁罪に留まると主張した。

続きを読む

「ニュース」のランキング