産経ニュース

宙吊り、たばこの火押し付け、顔踏みつけ…消防職員へ「パワハラ」常態化 30~40代職員5人停職 千葉・鎌ケ谷

ニュース 事件

記事詳細

更新


宙吊り、たばこの火押し付け、顔踏みつけ…消防職員へ「パワハラ」常態化 30~40代職員5人停職 千葉・鎌ケ谷

 千葉県の鎌ケ谷市と同市消防本部は23日、若手職員に暴行を含むパワハラを繰り返したとして、係長(41)と主任(34)ら、同本部の34~46歳の消防職員の男性5人を停職1~6カ月、皆川宏幸消防長など5人を戒告の懲戒処分としたと発表した。処分は22日付。

 同本部などによると、暴行の中心は3人で、たばこの火を背中に押しつけたり、顔を踏みつけたりする行為などを繰り返していた。41歳の係長は昨年2月、ロープ訓練中に当時22歳の男性職員を1時間半宙づりにして右足まひによる通院治療3カ月のけがを負わせたほか、24年には懇親会で当時30歳の男性職員を蹴り、肋骨(ろっこつ)を骨折させた。

「ニュース」のランキング