産経ニュース

【主張】復興イベント中止 正しい情報で風評払拭を

ニュース 事件

記事詳細

更新

【主張】
復興イベント中止 正しい情報で風評払拭を

 東日本大震災からの復興や日本の魅力をPRするために、外務省が韓国のソウルで予定していたイベントが、開催当日になって中止された。

 東京電力福島第1原発事故を理由とした食品の安全性への懸念から、地元自治体のソウル市城東区が開催許可を出さなかった。被災地の復興にとっても、日韓の相互理解にとっても、極めて残念なことだ。

 イベントには青森、宮城、福島、鹿児島の4県などが参加し、各地の特産品の紹介などを予定していた。

 韓国の市民団体からは、原発事故を理由に「食品の安全性に問題がある」と開催に抗議する声が上がっていた。城東区は「公の場所で原発事故発生地の生産物の無料配布や販売は適切ではないと判断した」という。

 被災地や近隣の農林水産物をはじめ、日本の食品は徹底した検査が行われている。今回のイベント中止は、科学的根拠のない風評が、韓国で深く根付いていることを示すものだ。さらに深刻なのは、その風評を行政が追認したことである。日韓の相互理解や市民交流を妨げるものと言わざるを得ない。

「ニュース」のランキング