産経ニュース

カード不正利用2年連続100億円超えか 転売目的?中国人組織が関与

ニュース 事件

記事詳細

更新


カード不正利用2年連続100億円超えか 転売目的?中国人組織が関与

 日本クレジット協会の担当者は、「番号盗用被害は個人で防ぎきれないところもあるが、利用明細を必ず確認し身に覚えのない請求は必ず申し出るようにしてほしい」と話している。

受け取りは空き部屋で

 ネットショッピングの不正注文をめぐっては、マンションの空き部屋が受け取り場所に指定されるケースが相次いでいる。

 業界関係者によると犯罪グループは、他人のカード情報での不正注文が発覚しないよう、商品の発送先を空き部屋に指定。不動産業者が使う専門サイトなどで物色し内覧用の鍵で侵入しているとみられる。

 ネットショッピング大手のヤフーによると、昨年1年間で検出した不正注文のうち4割が発送先を空き部屋に指定していた。ヤフーはこのうち9割を発送停止としており、「今後も独自の検出システムを強化し、不正注文の被害を食い止めたい」と話している。(加藤園子)

このニュースの写真

  • カード不正利用2年連続100億円超えか 転売目的?中国人組織が関与

「ニュース」のランキング