産経ニュース

少女の姉、起訴内容認める 母、祖母殺害ほう助罪 北海道

ニュース 事件

記事詳細

更新


少女の姉、起訴内容認める 母、祖母殺害ほう助罪 北海道

 北海道南幌町で2014年10月、当時高校2年の少女(18)が母親と祖母を殺害した事件で、この犯行を手助けしたとする殺人ほう助の罪に問われた少女の姉(24)は22日、札幌地裁(金子大作裁判長)の裁判員裁判初公判で起訴内容を認めた。

 冒頭陳述で検察側は、少女が祖母らに残飯を食べさせられるなど幼少期から激しい虐待を受けており「妹から殺意をほのめかされ、同調した」と指摘。弁護側は「事件の背景には異様な家庭環境がある」として執行猶予付き判決を求めた。

 起訴状によると、被告は少女に2人を殺害する目的があることを知りながら14年9月30日、少女の求めに応じて2人を眠らせるための薬やゴム手袋を渡したとしている。

 少女を医療少年院送致とした昨年1月の札幌家裁決定などによると、少女は14年10月1日午前0時半ごろ、自宅で寝ていた祖母=当時(71)=と母親=同(47)=の首に包丁を突き刺すなどし、出血性ショックに陥らせて殺害した。

 家裁は少女が被害者2人から虐待を受けていたことを重視。「刑事処分は相当でなく医療少年院での治療と矯正教育で社会適応を図るべきだ」との判断を示して検察官送致(逆送)を回避した。

「ニュース」のランキング