産経ニュース

長野県警警部補が万引容疑「手持ちの現金を減らしたくなかった」 書類送検し減給処分

ニュース 事件

記事詳細

更新


長野県警警部補が万引容疑「手持ちの現金を減らしたくなかった」 書類送検し減給処分

 長野県警が、商店で缶ビールなどを万引した窃盗の疑いで、県内の警察署所属の男性警部補(59)を書類送検していたことが19日、県警への取材で分かった。1月28日付。県警は同日、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、警部補は依願退職した。

 書類送検容疑は昨年12月10日、勤務後に県内の商店で缶ビール2本と洋菓子2点(計約2200円相当)をズボンのポケットに入れて万引したとしている。

 県警によると、被害に気付いた店員が外に出た警部補に声を掛けた上、警察署に連絡した。警部補は調べに対し「手持ちの現金を減らしたくなかった」と容疑を認めているという。

「ニュース」のランキング