産経ニュース

教会立てこもり事件 未明の突入劇で36歳男を監禁容疑で逮捕 人質の女性は負傷

ニュース 事件

記事詳細

更新


教会立てこもり事件 未明の突入劇で36歳男を監禁容疑で逮捕 人質の女性は負傷

小田部大輔容疑者が人質を取り、立てこもった教会「佐倉王子台チャペル」=19日午前0時18分、千葉県佐倉市 小田部大輔容疑者が人質を取り、立てこもった教会「佐倉王子台チャペル」=19日午前0時18分、千葉県佐倉市

 千葉県佐倉市の教会「佐倉王子台チャペル」で男が人質を取って立てこもっていた事件で、県警の捜査員が19日午前4時55分ごろ、現場の教会に突入した。県警は男の身柄を確保し、監禁容疑で現行犯逮捕するとともに、人質のカウンセラーの女性(51)を救出した。女性はけがをしているが、命に別条はない。

 県警によると、逮捕されたのは同市新臼井田、小田部(こたべ)大輔容疑者(36)。18日午後8時半ごろから女性を人質にし、刃物などを持ったまま立てこもっており、通報を受けた捜査員らが説得に当たっていた。両親との間にトラブルがあったといい、県警が動機などを詳しく調べる。

 小田部容疑者はカウンセリングを受けるために70代の両親とともに教会を訪れ、間もなく刃物やバットを振り回すなどして暴れ出した。両親と教会関係者の男性が逃げ出したが、バットで殴られるなどして頭などを負傷。女性1人が取り残されたという。

このニュースの写真

  • 教会立てこもり事件 未明の突入劇で36歳男を監禁容疑で逮捕 人質の女性は負傷

「ニュース」のランキング