産経ニュース

【小1ひき逃げ】祖父「言葉でない」 相次ぐ子供の巻き込み事故 「歩車分離式信号」導入進まず

ニュース 事件

記事詳細

更新

【小1ひき逃げ】
祖父「言葉でない」 相次ぐ子供の巻き込み事故 「歩車分離式信号」導入進まず

倉田遼太郎君が渡ろうとした横断歩道。花やジュースが供えられていた=17日午後、東京都町田市鶴間(加藤園子撮影) 倉田遼太郎君が渡ろうとした横断歩道。花やジュースが供えられていた=17日午後、東京都町田市鶴間(加藤園子撮影)

 小学校へ続く丁字路交差点。いつものように近くまで見送った母親の目の前で、倉田遼太郎君はダンプカーにひかれた。ダンプが走り去ると、路上には小さな体があおむけで倒れていた。「遼太郎! 遼太郎!」。母親は道路の真ん中で懸命に肩をゆすったが、返事はなかった。

 「目を開けてよ…」。救急隊が到着するまでの数分間、母親は遼太郎君の上に覆いかぶさり泣いていたという。近くにはランドセルと黄色い帽子が投げ出されていた。通行人が慌てて救護に駆けつけたが、ダンプは戻ってこなかった。

 事故直後の様子を見た豆腐店経営の生田邦枝さん(73)は、「かわいそうでとても見ていられなかった」と振り返る。「元気な子だったのに、血の気がなく真っ青になっていた」

 連絡を受けた祖父(62)は静岡県から搬送先の病院に駆けつけ、遺体と対面した。歯が折れ、顔の形が変わっていた。「言葉が出ない。なぜこうなっているのか整理が付かない…」

 祖父によると、遼太郎君は剣道を習い、将来は宇宙飛行士になりたいと話していたという。「孫をひいておいて気付かないなんて絶対嘘だ。逃げるなんて考えられない」

「ニュース」のランキング