産経ニュース

【廃棄カツ横流し】廃棄食品の検査強化へ 環境省、横流し再発防止

ニュース 事件

記事詳細

更新

【廃棄カツ横流し】
廃棄食品の検査強化へ 環境省、横流し再発防止

 廃棄食品の横流し事件を受け、環境省は16日、都道府県による産業廃棄物処理業者の抜き打ち検査や、廃棄物の処分日と場所などを記入する「産業廃棄物管理票」のチェック強化などを盛り込んだ再発防止策をまとめた。中央環境審議会での審議を経て、今月下旬にも各自治体に通知する。

 丸川珠代環境相は記者会見で「今後、関係法令にどのような問題があるのか運用も含め検証し、対応を検討していく」と述べた。

 環境省は防止策で、廃棄を委託する食品関連の事業者に対しても、委託前に袋を開封するなど転売できない形にして引き渡すよう要請する。

 検査はこれまで、産廃業者側に連絡して立ち入ることが多かったが、防止策では監視強化のため、抜き打ちでの実施を盛り込んだ。

 事件では、愛知県の産廃業者「ダイコー」がカレーチェーン店「CoCo壱番屋」から廃棄を委託されたカツを横流しし、管理票には堆肥と虚偽記載したとされる。環境省は、こうした不正を検知する情報処理システムの導入も目指す。

「ニュース」のランキング