産経ニュース

7歳と5歳のきょうだい死亡、「首しめた」母親を逮捕

ニュース 事件

記事詳細

更新


7歳と5歳のきょうだい死亡、「首しめた」母親を逮捕

幼いきょうだいが死亡した住宅=13日午後、神奈川県厚木市(古川有希撮影) 幼いきょうだいが死亡した住宅=13日午後、神奈川県厚木市(古川有希撮影)

 13日午前4時ごろ、神奈川県厚木市戸室の住宅で、小学1年、落合ゆめあちゃん(7)と弟で幼稚園児の春馬ちゃん(5)のきょうだいが2階寝室の布団の上で倒れているのが見つかった事件で、県警厚木署は同日、殺人未遂容疑で母親のちあき容疑者(39)を逮捕した。2人は搬送先の病院で死亡が確認された。

 ちあき容疑者はきょうだいが発見される約15分前に、小学5年の長男(11)とともに同署を訪れ、「子供の首を絞めた」と話した。長男の首にも絞められたような痕があった。

 逮捕容疑は、12日午後8時45分ごろから13日午前3時45分ごろまでの間、長男の首を絞めて殺害しようとしたとしている。「長男と心中しようと思い、長男の首を絞めたことに間違いはありません」と容疑を認めている。同署はゆめあちゃんと春馬ちゃんの死亡にもかかわったとみて捜査している。

 同署や厚木児童相談所によると、母親は昨年12月28日、児相に電話で子育ての悩みを相談していた。同署は母親が無理心中を図ろうとしたとみて、引き続き詳しい経緯や動機を調べる。

 住宅はちあき容疑者と会社役員の夫(47)、子供3人と夫の両親の計7人が暮らす二世帯住宅で、事件当時、1階で生活する両親は就寝中、夫は外出中だった。

「ニュース」のランキング