産経ニュース

西武HD、堤義明氏らから255億円回収 株譲渡、資本関係も消滅

ニュース 事件

記事詳細

更新


西武HD、堤義明氏らから255億円回収 株譲渡、資本関係も消滅

 西武ホールディングス(HD)は10日、旧西武鉄道の上場廃止に伴う株主への損害賠償に関し、元グループオーナーの堤義明氏ら旧経営陣から255億円を回収することで合意したと発表した。旧経営陣から、西武HDの筆頭株主である資産管理会社「NWコーポレーション」(旧コクド)の株式を取得する。これにより、西武HDと堤氏の間では株式保有を通じた資本関係も完全に消滅する。

 西武HDの前身である西武鉄道は、有価証券報告書の虚偽記載問題で平成16年に上場廃止となり、株主からの損害賠償請求訴訟で226億円を支払った。西武側は、堤氏ら旧経営陣に責任があるとして支払いを求めていた。

 堤氏は西武HD株を売却して現金7億円を支払うほか、保有するすべてのNW株(214億円相当)で代物弁済する。ほかの元役員4人もNW株を手放す。

 堤氏は西武HDを通じて「従前より、会社に生じた負担は、ほかの元役員でなく私が負うべきものと考えていた。解決に至り、感謝している」と表明。西武HDの後藤高志社長は「当時の最高責任者として、潔く責任を全うしようとする姿勢を真摯(しんし)に受け止めたい」とコメントした。

「ニュース」のランキング