産経ニュース

コストコ崩落 建築士に有罪判決 東京地裁支部「設計伝達義務怠る」

ニュース 事件

記事詳細

更新


コストコ崩落 建築士に有罪判決 東京地裁支部「設計伝達義務怠る」

コストコ事故状況 コストコ事故状況

 東日本大震災で東京都町田市のスーパー「コストコ多摩境店」の駐車場スロープが崩落し8人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた建築士、高木直喜被告(69)=石川県野々市市=に東京地裁立川支部は8日、「自分の設計を総括責任者に正確に伝える義務を怠った」として、禁錮8月、執行猶予2年(求刑禁錮1年6月)の判決を言い渡した。高木被告は控訴する方針。

 高木被告は揺れ方が異なる建物とスロープを強度の強い床でつなげるよう設計していたが、実際は強度の弱い鋼板だけでつながれ、震度5弱~5強の揺れで崩落事故が発生した。

 判決で阿部浩巳裁判長は被告の過失を認定。その一方で、施工業者や、検察が平成25年12月に不起訴とした総括責任者にも同等の責任があるとし、高木被告の前任者で同様に不起訴となった建築士にはより大きな責任があると指摘。「被告の過失は重大とは言えない」と述べた。

 高木被告は判決後、記者会見し「自分の設計通りになっていなかったのは予見できなかった」と不満を述べた。

「ニュース」のランキング