産経ニュース

捕鯨支持映画HPに攻撃か アノニマス声明、閲覧不能

ニュース 事件

記事詳細

更新


捕鯨支持映画HPに攻撃か アノニマス声明、閲覧不能

作品のワンシーン。双眼鏡で和歌山県太地町のイルカ漁を監視する反捕鯨団体「シー・シェパード」のメンバー 作品のワンシーン。双眼鏡で和歌山県太地町のイルカ漁を監視する反捕鯨団体「シー・シェパード」のメンバー

 和歌山県太地町の捕鯨を肯定的に取り上げたドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の公式ホームページ(HP)が一時、閲覧できなくなり、国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗る人物がサイバー攻撃の声明を出していたことが8日、分かった。

 撮影した八木景子監督(48)によると、映画は1月30日から東京・新宿の映画館で公開され、前日の29日夜からアクセスできない状態になった。この映画館のHPも閲覧不能になったが、現在は解消されている。

 映画は、捕鯨を批判し、米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」を念頭に製作され、海外でも上映された。八木さんは「表現の自由に対する重大な侵害だ。嫌がらせや攻撃には屈しない」と話した。

このニュースの写真

  • 捕鯨支持映画HPに攻撃か アノニマス声明、閲覧不能

「ニュース」のランキング