産経ニュース

【北ミサイル発射】拉致被害者家族「国際社会と日本をなめてかかっている」 拉致理由にした制裁要望 

ニュース 事件

記事詳細

更新

【北ミサイル発射】
拉致被害者家族「国際社会と日本をなめてかかっている」 拉致理由にした制裁要望 

 1月の核実験に続くミサイル発射という北朝鮮の暴挙に、拉致被害者の家族の怒りはさらに高まった。拉致被害者、田口八重子さん(60)=拉致当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(77)は「国際社会、日本を含めてなめてかかっているということが感じられる」と北朝鮮を批判した。

 核、ミサイル問題に日本を含む国際社会の関心が集まり、拉致問題が置き去りにされることを被害者家族は恐れている。飯塚さんは、国連安全保障理事会が北朝鮮への制裁を行う際、日本人拉致が制裁理由に盛り込まれることを要望。「(拉致を)テロ行為として相当厳しい制裁を科していかないと、(北朝鮮が)被害者を返すという決断ができないのではないか。返さざるを得ない状況にしていかないと、ずるずるといってしまう」と訴えた。

 横田めぐみさん(51)=同(13)=の母、早紀江さん(80)は「拉致も核もミサイルも全部悪ですから、そういうことをする国がそこにあるんだということを国際的に認識いただいて、『間違っている』とたくさんの国々がメッセージを出してほしい」と話した。

「ニュース」のランキング