産経ニュース

【清原容疑者逮捕】息子たちが最後の接点“孤独の元スター”子供の野球でトラブルも 「清原が来るなら試合はしない」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【清原容疑者逮捕】
息子たちが最後の接点“孤独の元スター”子供の野球でトラブルも 「清原が来るなら試合はしない」

警視庁から送検される元プロ野球選手の清原和博容疑者=4日、東京都千代田区(撮影・今野顕) 警視庁から送検される元プロ野球選手の清原和博容疑者=4日、東京都千代田区(撮影・今野顕)

 清原和博容疑者にとって、現役引退後は2人の息子が野球界との数少ない接点だった。2人が数年前に少年野球チームに加入すると、練習の手伝いや試合の応援に姿を見せていた。

 打撃投手を買って出たり、指導者にアドバイスをしたりする光景が見られた。だが、同時にスタンドから相手チームの監督にやじを飛ばすなどトラブルも多かった。いくつかのチームからは「清原が来るのなら試合はしない」と通告されたことが、週刊誌などで報じられていた。

 離婚前、夫人は「(清原は)プロ野球の監督になりたいと思っています」と話していた。メディアの中で「監督の候補になっている」との話が流れたのを伝え聞くと、清原容疑者本人も「本当ですか」と喜んでいた。

 周囲には“孤独の元スター”と映っていた。野球との接点を、子供の野球でつなごうとしているようだった。「息子をプロ野球選手にしたい」と夢を語っていたが、自分が挫折してしまった。

このニュースの写真

  • 息子たちが最後の接点“孤独の元スター”子供の野球でトラブルも 「清原が来るなら試合はしない」

「ニュース」のランキング