産経ニュース

【甘利氏告発者が語る】「甘利氏側、口利きを認識」 秘書、URと金銭交渉か 説明食い違い鮮明に

ニュース 事件

記事詳細

更新

【甘利氏告発者が語る】
「甘利氏側、口利きを認識」 秘書、URと金銭交渉か 説明食い違い鮮明に

一色武氏(右から2人目)と甘利明前経済再生担当相。一色氏が甘利氏側に現金などを渡した平成25年11月、大臣室で撮影された写真(一色氏提供、一部画像処理しています) 一色武氏(右から2人目)と甘利明前経済再生担当相。一色氏が甘利氏側に現金などを渡した平成25年11月、大臣室で撮影された写真(一色氏提供、一部画像処理しています)

 甘利明前経済再生担当相の現金授受問題で、甘利氏に現金100万円を手渡したと週刊文春に告発した千葉県白井市の建設会社総務担当の一色武氏(62)が31日、東京都内で産経新聞の取材に応じ、甘利氏側が口利きを明確に認識していたと証言した。告発した理由については、秘書からの要求に応じ、現金授与や飲食接待を繰り返してきたにもかかわらず、建設会社と都市再生機構(UR)との県道工事をめぐるトラブルの補償交渉が進展しなかったためと説明した。

 甘利氏側やURは口利きを否定しているが、一色氏は「公設秘書(辞職)と会っている中で口利きのことをいろいろ話している」と強調。昨年10月27日、公設秘書とURが面談した後、公設秘書から「一色さんの方で金額を提示しなかったので交渉が進まなかった」と言われたと明かし、「これが口利きでなければ何なのか」と語った。

「ニュース」のランキング