産経ニュース

【軽井沢スキーバス転落】事故直前に急ブレーキ 80キロ近い速度で走行か 車体左側浮かせ片輪走行

ニュース 事件

記事詳細

更新

【軽井沢スキーバス転落】
事故直前に急ブレーキ 80キロ近い速度で走行か 車体左側浮かせ片輪走行

事故現場の道路に残されたタイヤ痕。形状などから運転手が急ブレーキをかけていたことが分かった=長野県軽井沢町(三尾郁恵撮影)

 長野県軽井沢町のスキーバス転落事故で、現場の状況などから、バスがガードレールを突き破って落下する直前、運転手が急ブレーキをかけていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。直前まで時速80キロ近い速度で走行していたとみられ、急ブレーキをしたが間に合わず転落したもようだ。死亡した土屋広運転手(65)の体内からアルコール分は検出されなかったことも判明した。長野県警は崖に転落した原因を慎重に調べている。

 捜査関係者らによると、道路上に残っていたタイヤ痕は片側1本だけで、バスは落下直前、車体の左側が浮き、右側に傾いた状態で走行していた。タイヤ痕の形状を詳しく調べたところ、バスは転落直前に急ブレーキをかけていたことが判明した。タイヤ痕と転落場所の関係などから、時速80キロ近いスピードが出ていたとみられる。現場区間は時速50キロ制限だった。

 土屋運転手の死因は全身を強く打った多発性外傷。解剖の結果、アルコール分や薬を服用した形跡はなかった。大型バスの運転に不慣れだったことなどから、県警は運転ミスや居眠り運転の可能性を視野に慎重に調べている。

 県警は17日、バスを長野県上田市の自動車メーカーに移送。週明け以降、検証を行って事故原因を詳しく調べる。走行時間・距離などが記録された運行記録計(タコグラフ)の解析も進めるが、事故による損傷が激しいことから難航も予想される。

「ニュース」のランキング