産経ニュース

「睡眠時の血圧を調査するアルバイト」…睡眠モニター名目で集めた女性にわいせつ行為 男に懲役17年判決

ニュース 事件

記事詳細

更新


「睡眠時の血圧を調査するアルバイト」…睡眠モニター名目で集めた女性にわいせつ行為 男に懲役17年判決

 「睡眠時の血圧を調査するアルバイト」と称して眠らせた女性にわいせつな行為を繰り返したとして、準強制わいせつなどの罪に問われた無職、野口英行被告(55)に対する判決公判が13日、千葉地裁松戸支部で開かれた。衣笠和彦裁判長は「被害者らの人格を一切顧みず、自己の性的、金銭的欲望の赴くままに行われた犯行。酌量の余地は全くない」として、懲役17年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 衣笠裁判長は判決理由で、野口被告には犯行を撮影した映像をアダルトサイト運営会社に販売する目的もあったとし、同罪の事案の中でも「かなり重い部類に属する」と断罪した。

 判決によると、野口被告は平成23年9月ごろから約2年間にわたり、血圧測定のモニターの募集という名目で集めるなどした当時16~40歳の女性33人に睡眠剤を服用させるなどして眠らせ、わいせつ行為を働いた。

 千葉県警によると、同様の被害に遭った女性は約100人に上るとみられるという。

「ニュース」のランキング