産経ニュース

マイナンバー汚職、中安被告ら2人懲戒処分

ニュース 事件

記事詳細

更新


マイナンバー汚職、中安被告ら2人懲戒処分

中安一幸被告

 マイナンバー制度導入をめぐる汚職事件で、厚生労働省は22日、収賄罪で起訴された情報政策担当参事官室(情参室)の室長補佐、中安一幸被告(46)を懲戒免職処分とした。また、贈賄側のIT関連会社から金銭の貸し付けを受けていたとして、同じ情参室の元室長補佐(56)も懲戒免職とした。

 厚労省は同日、収賄事件に関し、情参室職員ら約160人を対象とした検証結果を公表。元室長補佐は平成26年6月~27年4月、同社から毎月約20万円ずつ、計230万円を現金で受け取っていたほか、同社に対する飲食費のつけ回しも最大約30万円あった。元室長補佐は調査に「帰省の金を貸してくれたのが端緒だった。27年6月に返却した」と話しているという。

 元室長補佐は入札時に業者を審査する「評価委員」を務めていたほか、昨年4月の契約に関し、入札公示前に仕様書のたたき台を同社側に作成させていた。だが厚労省は、同社が作成した仕様書と、実際の仕様書が異なることなどから「便宜供与は確認されていない」としている。

 また検証結果では、中安被告が国家公務員倫理規程に反し、講演の報酬を報告していなかったと指摘。出勤状況も省内で把握されていなかったことから、同省では監察チームを常設、予告なしに監査を実施するなどの再発防止策を示した。

「ニュース」のランキング