産経ニュース

元陸将ら7人を起訴猶予 ロシア武官への情報漏洩事件

ニュース 事件

記事詳細

更新


元陸将ら7人を起訴猶予 ロシア武官への情報漏洩事件

 陸上自衛隊の東部方面総監などを歴任した泉一成・元陸将(64)がロシア大使館のセルゲイ・コワリョフ元駐在武官(50)=帰国=に陸自内部の冊子を渡したとされる事件で、東京地検は18日、守秘義務を定めた自衛隊法違反の教唆容疑などで書類送検された泉元陸将や元武官ら7人を、起訴猶予とした。

 地検は秘密の漏洩(ろうえい)を認定した上で、「諸般の情状を考慮した」としている。

 泉元陸将は平成25年5月、陸自の戦術や部隊運用などを記した冊子「教範」を、元武官に手渡したなどとして書類送検された。泉元陸将は、部下だった現役やOBの自衛官ら5人に依頼して教範を入手したとされ、警視庁公安部は5人も書類送検していた。

 防衛省陸上幕僚監部広報室は「陸上自衛隊としては速やかに調査を行い、あくまで同種事案の再発を防止すべく、適正に対処します」とした。

「ニュース」のランキング