産経ニュース

【本紙前ソウル支局長判決】公判始まる 「日韓関係の観点から善処を望む」韓国外務省が異例の要請

ニュース 事件

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長判決】
公判始まる 「日韓関係の観点から善処を望む」韓国外務省が異例の要請

ソウル中央地裁に入る加藤達也前ソウル支局長=17日、韓国・ソウル(納冨康撮影)

 その後、誹謗目的の有無が焦点となる中、米国人記者のドナルド・カーク氏、西日本新聞の植田祐一ソウル支局長、上智大の田島泰彦教授が弁護側証人として出廷し、「刑事訴追されなければならないような記事ではない」などと証言。加藤前支局長も最終意見陳述で「大惨事当日の朴大統領の動静は関心事で、特派員として伝えるべき事柄であると考えた」などとコラムの公益性を強調していた。

関連トピックス

「ニュース」のランキング