産経ニュース

【ローカルプレミアム】犯罪者を逃さない! 群馬大が超低コストの防犯カメラを開発 1台10万円→2万円で街灯並みの整備目指す

ニュース 事件

記事詳細

更新

【ローカルプレミアム】
犯罪者を逃さない! 群馬大が超低コストの防犯カメラを開発 1台10万円→2万円で街灯並みの整備目指す

市内の駐車場に実験的に設置しているe自警ネットカメラ=群馬県桐生市

 靖国神社(東京都千代田区)の講習トイレで爆発音がして不審物が発見された事件で、韓国人の男が逮捕されたが、最近の事件で、犯人像を割り出すのに大きな働きをしているのが防犯カメラだ。こうした中で、群馬、埼玉大の研究グループが、低コストで最先端の機能を搭載する防犯カメラの開発を進めている。プライバシー保護にも配慮しながら、「街灯と同じくらい高密度にカメラを設置し、犯罪者が逃げられない社会」の実現を目指すという。

 群馬大理工学部(群馬県桐生市)の藤井雄作教授らが開発した「e自警ネットカメラ」は、公衆無線LANサービス「Wi-Fi(ワイファイ)」機能搭載で、インターネットにつなげば、リアルタイムの映像が見られる。

 第三者の記録サーバーに申請した場合だけ見られるシステムを採り入れ、その履歴を強制的に一般公開することで、閲覧が許された人の悪用を防ぐ仕組みも併せて開発した。

 「以前は10万円ほどした」(藤井教授)防犯カメラだが、e自警ネットカメラの試作品のコストは2万円ほど。カメラ本体を3千円に抑えるなど、価格での優位性も高い。

このニュースの写真

  • 犯罪者を逃さない! 群馬大が超低コストの防犯カメラを開発 1台10万円→2万円で街灯並みの整備目指す
  • 犯罪者を逃さない! 群馬大が超低コストの防犯カメラを開発 1台10万円→2万円で街灯並みの整備目指す
  • 犯罪者を逃さない! 群馬大が超低コストの防犯カメラを開発 1台10万円→2万円で街灯並みの整備目指す

「ニュース」のランキング