産経ニュース

【靖国爆発】出入国管理をすり抜けた危険物 思わぬ「穴」、水際対策の不安浮上

ニュース 事件

記事詳細

更新

【靖国爆発】
出入国管理をすり抜けた危険物 思わぬ「穴」、水際対策の不安浮上

送検のため警視庁から出る、靖国神社のトイレで爆発音が起きた事件で逮捕された全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者を乗せた車=11日午前、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

 国土交通省によると、国連の専門機関「国際民間航空機関」(ICAO)が非公開の保安基準を設けており、各国はこれに準じた対策を取っている。日本では航空会社が航空法に基づいた保安手続きを実施している。「韓国側がどんな態勢で荷物をチェックしているかは確認していないが、監視の目をすり抜けた事実は重い」(入管関係者)。

 これに対し、日本で国外からの「入り」の荷物に目を光らせるのは税関だ。東京税関によると、入国者は出国側で検査済みの手荷物を受け取り、税関が検査場でチェックする。

 入国者が爆発物や火薬類の有無を申告するが、申告の不備や持ち主が明らかに不審な場合などを除き、エックス線検査などは基本的に行われない。簡単な質疑応答で終わることがほとんどで、申告がなければそのまま通過できてしまうのが現状だ。

 入管関係者は「爆発物の材料には日用品と見分けが付かない物品もある。検査機器も足りず、現状では全荷物を検査することは困難。国際的にテロの不安が高まる中、チェック体制は今後の大きな課題だ」と話している。

このニュースの写真

  • 出入国管理をすり抜けた危険物 思わぬ「穴」、水際対策の不安浮上

「ニュース」のランキング