産経ニュース

【靖国爆発】「爆発物仕掛けた」逮捕の韓国人が供述 その後、否認に

ニュース 事件

記事詳細

更新

【靖国爆発】
「爆発物仕掛けた」逮捕の韓国人が供述 その後、否認に

全昶漢容疑者=東京都千代田区・麹町警察署(納冨康撮影)

 靖国神社(東京都千代田区)で爆発音がして不審物が発見された事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人、全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が「靖国神社に入って爆発物を仕掛けた」との趣旨の供述をしていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。全容疑者はその後、靖国神社を訪れたことなどを含めて否認に転じているといい、警視庁公安部は慎重に調べている。

 捜査関係者によると、9日に逮捕された全容疑者は当初「よく分からない」などと容疑を否認したが、その後の調べに「(11月)23日に靖国神社に入り、爆発物を仕掛けた」との趣旨の供述をしたという。

 全容疑者は「爆発物を仕掛けようと、日本に入国した」との趣旨の供述もした上で、事件前日の11月22日にも靖国を訪れたことを認めたが、その後、再び否認に転じたという。

 公安部の調べで、全容疑者は事件2日前の同月21日の入国が初めての来日だったことが判明した。韓国では、歴史問題や靖国神社をめぐり過激な抗議活動を行う団体もあるが、全容疑者はこうした団体などに所属した経歴はなく、犯罪の前歴も確認されていないという。

「ニュース」のランキング