産経ニュース

ネコを粘着テープで縛りトンカチで殴打…流血のまま放置 34歳男を逮捕 コミケ限定紙袋で特定

ニュース 事件

記事詳細

更新


ネコを粘着テープで縛りトンカチで殴打…流血のまま放置 34歳男を逮捕 コミケ限定紙袋で特定

 東京都豊島区南長崎の公園で、粘着テープで体を巻かれ血を流したネコが見つかった事件で、目白署は動物愛護法違反(遺棄)容疑で、近くに住む自営業の男(34)を逮捕した。同署によると容疑を認めている。

 同署によると、男はネコ好きで家族が留守の間にネコを自宅で飼おうと考え、ネズミ取りで野良ネコを捕獲。ネコが家で暴れたため、テープで体を縛りトンカチで頭を殴打した。男は「ネコに分からせてやろうと思ってたたいたが、血が出て怖くなり公園に捨てに行った」などと話している。ネコは紙袋に入れられて放置されていた。紙袋は同人誌販売会「コミックマーケット」で限定販売されていたもので、男がこの袋を製作する仕事をしていたことから、同署が男を特定した。

 逮捕容疑は10月1日午前0時半ごろ、粘着テープでネコの体を巻き付けて袋に入れ、公園に置き去りにしたとしている。ネコはボランティアが引き取り回復している。

 都内では虐待の可能性があるネコの死骸などが9月下旬以降、20匹以上見つかっていたが、状況が違うことからこの男との関連性は低いとみられる。

「ニュース」のランキング